ワークスタイル研究所公式ブログ

選ばれる人になるために

成果を上げる人の共通点とは…?【生涯資産を生みだす方程式】No.1056

 
この記事を書いている人 - WRITER -
小規模ビジネス専門の相談屋さんです。ジャンルを問わず、起業希望の個人や中小企業経営者のご相談に乗らせていただいています。 中小企業庁登録専門家、新潟商工会議所登録専門家です。

成果を上げる人の共通点とは…?


いわゆる

「情報商材」

というものを、初めて買ったのは
もう10年以上前になります。


確か、神王リョウさんという
若き資産家として、時々、TVでも
見掛ける、若き成功者です。

今となっては、
彼の商材は何を教えていたのか、
おぼろげな記憶しかありません。

ただ、間違いないのは

「ホームページで情報発信する」

というのが、軸だったと思います。


あの当時はまだ、
ブログやSNSもほとんど普及して
いない時代。

ましてや、スマホの存在など
まだまだSFの世界と言っても過言
ではない状況でした。

しかし、その当時から
今に至るまで、共通しているのは

「発信する」

ということですね。


あれから時が流れ、
インターネットの普及とともに、
一般の人達の情報リテラシーも
平均的に上がったと思います。

特にビジネスの分野では、
マーケティングやライティングの
知識は当たり前のように学ばれて
います。


それもすべては

「発信する」

ための知識やスキルですね。


ここで気をつけなければ
いけないと思うのは、

「インプットとアウトプットのバランス」

です。


自分自身、情報商材を
買い始めた数年は、単なる
ノウハウコレクターでした。

本格的に実践できるように
なってきたのは、ここ4年くらい
のような気がします。

もちろんそれも100%では
ありませんが…(^_^;)


だから時々、

「地方に住んでいてよかった」

と思うことがあります。


なぜなら、
仮に東京に住んでいたら、
確実に「セミナーおたく」になり、
もっと散財していたはずだからです。

しかしだからといって、
学ぶ意欲を否定してはいません。

むしろ、今の時代、
学ぶ意欲のない人は、生き残れない
といっても良いでしょう。

しかし、肝心なのは

「学んだことをどれだけ実践しているか」

に尽きると思います。


成果を上げている人は、
例外なく、そこに拘っています。

「学んだ以上、実践する」

これが鉄則です。


では、どうしたら
そのように出来るのでしょうか。




そのために必要な

「後先順位」

という考え方があります。

文字通り「優先順位」の逆なので、

「やることを決める」

のではなく、

「やらないことを決める」

のが「後先順位」です。


だいたいにおいて、
企業を考えるような人は好奇心が
旺盛です。

だから情報感度もいいので、
ついつい過剰な情報を集めます。

それがこじれると
ノウハウコレクター、まっしぐら
というわけです。


ですので、

「実践&発信すると決めたもの」

だけを買ったり、参加したりする
ことに決める。

なにせ、時間という資源だけは
すべての人が平等であり、

その資源は日々、確実に減少して
いくものです。


ですので、
所有している情報の量は
決して、自慢にはなりません。

どれだけ実践したか、
それだけ発信したか、

こそが価値を生むのです。

だから成果を上げている人は
その2つに強くコミットしている
わけですね。

このコミットがなければ、
どんなスキルも宝の持ち腐れです。


さて、今日はどんなことを
実践し、発信しますか?


この記事を書いている人 - WRITER -
小規模ビジネス専門の相談屋さんです。ジャンルを問わず、起業希望の個人や中小企業経営者のご相談に乗らせていただいています。 中小企業庁登録専門家、新潟商工会議所登録専門家です。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 選ばれる人になるために , 2019 All Rights Reserved.