ワークスタイル研究所公式ブログ

選ばれる人になるために

「2つの視点」を持つことのススメ【生涯資産を生みだす方程式】No.1168

 
この記事を書いている人 - WRITER -
小規模ビジネス専門の相談屋さんです。ジャンルを問わず、起業希望の個人や中小企業経営者のご相談に乗らせていただいています。 中小企業庁登録専門家、新潟商工会議所登録専門家です。

「2つの視点」を持つことのススメ


こうして毎日記事を書くにあたり、
もちろん何を書こうかと考えます。

読者の知りたいことは何だろうか。

自分の知識や経験で価値を与えること
は何だろう?

そんな質問を自分にすることで
記事のアイデアが浮かんできます。


考えてみれば、
この発想法そのものが、ビジネスを
新規で立ち上げるのとほぼ同じですね。

この「視点」を身に付けるだけで、
自分独自のビジネスを発想できる
可能性が生まれます。


「視点」を意識することは重要です。

今、自分は

「仕掛ける側」と「仕掛けられる側」の

どちらの視点に立っているのか?

これを意識することです。


たとえば広告全般には、
仕掛ける側の意図が表現されています。

それは

「見た人に起こして欲しい行動」

が書かれている、ということです。

優れた広告ほど、それが明確に分かります。

TV通販のCMなら、

「10分以内にお電話下さい!」

と言っていますよね^^

あとは、なぜ

「10分以内に電話しなければならないのか」

という理由が明確になっているかどうか、
によって、お客様の行動が決まります。


しかし仕掛けられる側の意識では、
自分がなぜ、その商品やサービスに心を
奪われているかが分かりません。

今、仕掛ける側は、行動心理学や
販売心理学などといわれる、人の心を
扱う学習に余念がありません。

今やビジネスは科学されているのです。

だから「仕掛ける側」の意識がないと
ある意味、コントロールされ放題になる
わけです。


「このチラシを書いている人は、
 今日はこの商品を売りたいんだな」

「このキャッチコピーは
 こんな悩みを持っている人を見込客と
 考えているんだな」

「仕掛ける側」の意識を持つと
世の中の見え方、景色が変わってきます。

そうなるとムダな衝動買いもなくなり、
今度は自分のビジネスのアイデアも
思いつきやすくなります。


「仕掛ける側」と「仕掛けられる側」の
両方の視点から、世の中を眺める意識を
持ってみることをオススメします。

今までの日常が、面白くなりますよ!

==== 今日の質問 ======
 今、周囲にある売れそうなものは?
=================


この記事を書いている人 - WRITER -
小規模ビジネス専門の相談屋さんです。ジャンルを問わず、起業希望の個人や中小企業経営者のご相談に乗らせていただいています。 中小企業庁登録専門家、新潟商工会議所登録専門家です。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 選ばれる人になるために , 2019 All Rights Reserved.