ワークスタイル研究所公式ブログ

選ばれる人になるために

リアルなグランドデザイン体験【生涯資産を生みだす方程式】No.1209

 
この記事を書いている人 - WRITER -
小規模ビジネス専門の相談屋さんです。ジャンルを問わず、起業希望の個人や中小企業経営者のご相談に乗らせていただいています。 中小企業庁登録専門家、新潟商工会議所登録専門家です。

リアルなグランドデザイン体験


おはようございます^^

昨日、高速バスで2時間ちょっとの
小旅行をして、大分に移動。

九州は本当に道中も景観が美しく
移動も楽しいのです^^

まずは新潟から国東市に、
地域おこし協力隊で来ている友人と
お茶して、歴史の話で盛り上がり。

夜は地元の友人たちと
ビジネス談義に花を咲かせました。

どこに行っても友人がいると
そこが自分にとっての癒やしになる。

日本も広いですが、
心情的にはどこででも住めそうな
気がしてきました。


大分市にお邪魔するのは
たぶん3回目だと思います。

今回、驚いたのは新装なった大分駅。

3月16日に駅ビルがオープンし、
数年掛かりで行われていた駅の改装が
完了したようです。

駅ビルの1階のキー・テナントは
ユナイテッドアローズ。

そしてスターバックスとAppleです。
上階にはホテルやシネコンも入って
駅自体がエンターテイメントな場所
になっています。

その写真だけ見たら、
ここが大分駅だと分かる人はいないと
思います。

これだけ見れば都会化されただけの
ビルに思えますが、エキナカには
地元の農産物を扱うスーパーや、
大分名物の「とり天」がメインの
飲食店など、はずしてはいけない
ところはしっかり抑えられて。

その街の中心となり、象徴する駅
という建物。

それによって集う人が変わり、
人の流れが変わる。

それをキチンと意図した
プロデュースは誰がしたのか、と
思ったら、なんとJR西日本の社長
さんなのだそうです。


このメルマガでは折にふれて、

「視点を高くすること」
「グランドデザインを描く重要性」

を語っていますが、この大分駅が
象徴するのは、まさにそこです。

もちろん賛否両論あるかとは
思いますが、地方都市のひとつの
大分駅がこういった発展を見せる
ことによって、福岡に流出していた
消費が地元にとどまるようになった
事実は見逃せません。


たったひとりの人が思い描いた
駅を中心とした、新しい街の姿。

それがひとり、またひとりと
そして最後には多くの人を動かす
ようになり、この歴史ある大分という
街をリニューアルした。

その人たちの思いを感じると
自分も何かせずに入られない衝動に
駆られます。

ひとりの力は微力ですが、
微力と無力はまったく違います。

夢に公を足すと志になる。

まさにそれを目の当たりにした
気持ちになりました。

わたくしたちひとりひとりが
明るい未来を描くこと。

それが後の人たちにとって
なによりも重要なことなのでしょう。

出し惜しみすることなく、
自分の役割を、自分のビジネスで
表現していきませんか?

そのお手伝いをわたくしがします!

==== 今日の質問 ======
 「志」から何を連想しますか?
=================


この記事を書いている人 - WRITER -
小規模ビジネス専門の相談屋さんです。ジャンルを問わず、起業希望の個人や中小企業経営者のご相談に乗らせていただいています。 中小企業庁登録専門家、新潟商工会議所登録専門家です。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 選ばれる人になるために , 2019 All Rights Reserved.