ワークスタイル研究所公式ブログ

選ばれる人になるために

1人で「年商1億円」上げる方法【生涯資産を生みだす方程式】No.1223

 
この記事を書いている人 - WRITER -
小規模ビジネス専門の相談屋さんです。ジャンルを問わず、起業希望の個人や中小企業経営者のご相談に乗らせていただいています。 中小企業庁登録専門家、新潟商工会議所登録専門家です。

1人で「年商1億円」上げる方法


おはようございます^^

忙中閑あり、の言葉通りの数日を
自宅で過ごしています。

有難いことに天候にも恵まれ、
心も穏やか。

大分でかなり歩く機会があり、
昨日も往復30分歩いたので、
今日は図書館まで往復1時間ほど
歩いてみようかと。

ともかく運動できる時に
しておかないと、秋晴れはすぐに
鉛色の冬空に変わってしまいます。

フットワーク軽く参りましょう。


昨日の午後は、新刊

「起業1年目の教科書」
http://goo.gl/vNaRdv

が、絶好調の今井孝さんのセミナー
でした。

今井さんは、ひとりビジネスで
株式会社を運営し、年商1億円以上
を売り上げている人です。

しかしはた目で見ていると、
まったく頑張っている感がない、
ゆる~い感じがウリになっています。


しかしそこはプロフェッショナル。
セミナーの内容は、実に具体的で
再現性があり、誰にでも実行できる
内容でした。

それはひと言でいうなら、

「リスト・マーケティング」

という分野にあたります。


今井さん曰くビジネスの要素とは、

1)見込客のリスト

2)商品

の2つであり、この順番は不変。

リストが豊富にあれば、どんな
テストも可能だが、商品だけでは
すぐに手詰まりになる。

つまりどんなに良い商材が
あってもリストがなければビジネス
にならない、というのが今井さんの
考えです。


例えば、売れない営業マンがなぜ
売れないのか?

答えは簡単。「見込客がないから」

それは営業マンが悪いのではなく、
見込客を集めるしくみがない会社が
悪い、と今井さんは断言します。

なぜなら、

「営業マンの目の前に見込客を
 連れてくるのがマーケティング」

だから。つまり売れない営業マンの
会社はマーケティングのしくみがない。

そしてひとりビジネスで
そのしくみを運用するために使える
のが、

「メルマガ」

ということです。


今井さん曰く、

「メルマガを書くか、
 飛び込み営業をするか」

の2つにひとつしかない、と(^_^;)

あなたなら、どちらにしますか?


というわけで、今井さんは2時間
掛けてメルマガの重要性を語り、
最後に年会費60万円のメルマガの
運営ノウハウを学べる講座の営業
をして行かれました(笑)

ひとりで年商1億円を上げる人は
こうやって稼いでいるんだ、という
姿を目の前で見ることが出来たので
このセミナーの元は取りました。

わたくしも新しい試みとして、
詳細が知りたい方に、セミナーの
メモを動画にして¥500でシェア
しようと思います。

思いつきですが、いろいろやって
みたくなるのも今井さん効果だと
思います(^_^;)

==== 今日の質問 ======
 「メルマガ」と「飛び込み営業」
      どっちをやりますか?
=================


この記事を書いている人 - WRITER -
小規模ビジネス専門の相談屋さんです。ジャンルを問わず、起業希望の個人や中小企業経営者のご相談に乗らせていただいています。 中小企業庁登録専門家、新潟商工会議所登録専門家です。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 選ばれる人になるために , 2019 All Rights Reserved.