ワークスタイル研究所公式ブログ

選ばれる人になるために

現実を変える◯◯のエネルギー【生涯資産を生みだす方程式】No.1265

 
この記事を書いている人 - WRITER -
小規模ビジネス専門の相談屋さんです。ジャンルを問わず、起業希望の個人や中小企業経営者のご相談に乗らせていただいています。 中小企業庁登録専門家、新潟商工会議所登録専門家です。

現実を変える◯◯のエネルギー


おはようございます^^

昨日は人間より先に
我が家のイヌが、お正月を控えて
床屋さんに行きました。

床屋さんと行っても、
そこは獣医さんなので、一緒に検診
もしてもらえます。

実は、前回、乳腺にしこりが、と
言われていて、ずっと気になって
いました。

なにせ年が明ければ11歳。
イヌの寿命も伸びているとはいえ、
何があっても不思議でない年齢です。

引き取りにいって、先生に呼ばれ、
ちょっと緊張して診察室に入ったら
格段の話もなく終了。

どうやら体調は特に問題なさそう
でした!

家内には

「ホッと安心した顔してる」

と言われて、自分がそんなに心配して
いたのか、と思いました。

でも10年も一緒に居れば、
もう間違いなく家族ですもんね。

一日も永く、健康で長生きして欲しい。
それが家族ってもんですよね。

=================

友人の女性が

「中高生が、将来に希望がないとか
 年金がなくなるかもしれないから
 お金を使わないようにしないと、
 とか後ろ向きなことばかり言って
 困ってしまう」

というようなことをSNSに書いて
いました。

高校生にせよ、中学生にせよ、
今は情報がどこからでも取れる時代
ですから、ヘタなことは言ったり、
書いたり出来ません。

当然、家庭では、親御さんが、
学校では教員の皆さんが発する言葉に
子どもたちは影響を受けます。

むかし、何かの本に、

「殺人者でも一度には何人も殺せない
が、教師はたったひと言で、何十人の
子供の心を殺すことが出来る」

という意味のフレーズがあり、
教職にある人たちを戒めていました。

十数年前、「引き寄せの法則」という
書籍が世界中で大ヒットしたことを
覚えている方もおられると思います。

当時は画期的な出来事だったので、
わたくしもかなり熱を入れた覚えが
あります。

その中でも「言葉」はカギを握る存在
として扱われていました。

日本はもともと「言霊の国」とも
言われていますが、聖書の世界でも

「まず言葉があった」

と書かれています。

そのくらい、どんな言葉を使うか、は
重要なのです。


つい先日も、地元の新聞、新潟日報社の
報道部長さんがTwitterで不特定多数に
罵詈雑言を浴びせ続けていたことが判明。

Twitterがいかに優秀なバカ発見器かを
改めて証明したカタチになりました。

元報道部長のツイートを読むと、
まさに彼が今置かれている立場を予言
しているかのような言葉に驚きます。
これぞ、まさにブーメラン、という感じ。

だから日常から、
自分がどんな言葉を使っているのか、に
もっと注意を払った方がいいかも知れません。

言葉には大きなエネルギーが宿って
いると考えた方が良いと思います。

大切に使うと、何でも良いことが
起り易くなる。逆もまた真なり、です。


そんなことも含めて、
明日は、以前に販売したオリジナル教材
のことなどご紹介しようと思います。

ではまた明日〜(^o^)丿

==== 今日の質問 ======
 気になっている「口ぐせ」は何?
=================


この記事を書いている人 - WRITER -
小規模ビジネス専門の相談屋さんです。ジャンルを問わず、起業希望の個人や中小企業経営者のご相談に乗らせていただいています。 中小企業庁登録専門家、新潟商工会議所登録専門家です。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 選ばれる人になるために , 2019 All Rights Reserved.