presented by ワークスタイル研究所

選ばれる人になるために

時の流れの中、今、思うこと【生涯資産を生みだす方程式】No.1153

 
この記事を書いている人 - WRITER -
小規模ビジネス専門の相談屋さんです。ジャンルを問わず、起業希望の個人や中小企業経営者のご相談に乗らせていただいています。 中小企業庁登録専門家、新潟商工会議所登録専門家です。

時の流れの中、今、思うこと


おはようございます^^

日本は四季に恵まれた国ですが、
ここ新潟はその典型のような場所。

春は桜に彩られ、田植えの緑。
その頃はまだ肌寒い日が続きます。

20℃を超えたら、半袖のTシャツに。
ゴールデンウィークには汗ばむ気候。

6月は梅雨に入って、蒸し暑い日々。
しかしここから一気に夏に向かいます。
7月後半からは、うだるような暑さ。

しかしその暑さもお盆まで。
あとは収穫の秋。黄金色の水田。
山々の紅葉。そして空は鉛色に。

10月後半からは、低い曇り空。
雨が冷たくなってくる11月。
そして12月、1月。
春の手前の2月の寒さが身にしみる。

こうして一年を振り返ると、
短い夏の暑さが愛おしくさえ思えて
日本に、この新潟に生まれて良かった
と思えてくるのです。


その夏の終わりに思いを馳せながら
昨晩は気のおけない仲間たちと、
自宅で新潟まつりの花火大会を鑑賞
していました。

花火の音と、笑い声の絶えない会話。
心から幸せと感謝を感じました。
そしてこれがいつまでも続いて欲しい
とも…。


さて、昨日の記事にも書きましたが、
今、世界で最も大きな消費市場である
中国に大きな波が起こっています。

その変化の規模は想像することさえ
困難で、あのリーマン・ショックを
超えるとさえ、云われています。

噂話レベルではありますが、
地元新潟では、リーマン・ショック
以降、中小零細企業の半分が賞与を
打ち切った、という話があります。

実際に身近な友人、知人に
同様なことが起こっている事実は
あります。

昨今はボーナスをあてにして
住宅ローンを組む人も減っている
とは思いますが、出ていたものが
出ない、となれば、そのダメージは
小さくないと思います。


そして今、改めて思うことは、

複数の収入源を持つことの重要性

です。

そして時間の切り売りの
「労働集約型の収入」だけでは、
時代の急激な変化には耐えられない
気がします。

出来るだけ仕組み化することで
自動的に売上が発生する収入源を
持つこと。

個人もこれを追求していく時代に
確実に入ったと感じます。

もはや「会社が副業を禁止」とか
寝ぼけているとしか思えません。

あなたの会社の収入源が複数ない
としたら、それが一番のリスクです。

==== 今日の質問 ======
 どんな収入源がいくつ欲しい?
=================



この記事を書いている人 - WRITER -
小規模ビジネス専門の相談屋さんです。ジャンルを問わず、起業希望の個人や中小企業経営者のご相談に乗らせていただいています。 中小企業庁登録専門家、新潟商工会議所登録専門家です。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 選ばれる人になるために , 2019 All Rights Reserved.