ワークスタイル研究所公式ブログ

選ばれる人になるために

「影響力の武器」から学ぶこと4【生涯資産を生みだす方程式】No.1029

 
この記事を書いている人 - WRITER -
小規模ビジネス専門の相談屋さんです。ジャンルを問わず、起業希望の個人や中小企業経営者のご相談に乗らせていただいています。 中小企業庁登録専門家、新潟商工会議所登録専門家です。

「影響力の武器」から学ぶこと4


さて、マーケティング業界では
伝説的な名著、

「影響力の武器」
 なぜ、人は動かされるのか?
ロバート・B・チャルディーニ 著
http://goo.gl/xOy1Bk

の内容について、触れています。

今日は4日目です。


昨日は、

「社会的証明」

ということで、

人間は、

「他人、世間、事実、データ」

に、影響されやすい、というお話でした。


特に日本人は人目を気にする民族性が
あるので、これには弱いですね。


さて、4つめ。いよいよ後半です。


今日は

「権威」

です。


人は何らかの理由で、相手に

「権威がある」

と判断すると、その人に従いやすくなる
という性質があります。

どういうモノコトに権威を感じるのか、
といえば、

・制服
・肩書
・専門知識、経験
・実績

などを知った時に、人は権威を感じ、
その人の言葉を信じやすくなります。


古い事件ですが、有名なので
ご存じの方も多いかと思いますが、

「三億円事件強奪事件」

という犯罪がかつてありました。


この時は、企業の賞与を輸送していた
自動車に、白バイ隊員が近寄って
停止させたことから始まりました。


もちろんのちに、それはニセ警官だった
ことが判明するのですが、運転手さん
たちは、すっかり権威を認めてしまい、
疑いもしなかったのだと思います。


外見ではこんなことが簡単に起こります。


また、肩書や専門知識では、
有名大学の学歴なども、まだまだ幅を
利かせる「権威」のひとつです。


どうしても東大、京大などと聞くと、
一目置いてしまいがちですが、
知らずに接していれば、ただの青年、と
いうことはよくあります。


わたくしたちは、権威に影響されると
本質を見失いがちになります。


これが「権威」に対して、
最も気をつけなければいけないこと
かも知れませんね。


この記事を書いている人 - WRITER -
小規模ビジネス専門の相談屋さんです。ジャンルを問わず、起業希望の個人や中小企業経営者のご相談に乗らせていただいています。 中小企業庁登録専門家、新潟商工会議所登録専門家です。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 選ばれる人になるために , 2019 All Rights Reserved.