ワークスタイル研究所公式ブログ

選ばれる人になるために

自分のビジネスを始めるためには【生涯資産を生みだす方程式】No.1036

2019/07/21
 
この記事を書いている人 - WRITER -
小規模ビジネス専門の相談屋さんです。ジャンルを問わず、起業希望の個人や中小企業経営者のご相談に乗らせていただいています。 中小企業庁登録専門家、新潟商工会議所登録専門家です。

自分のビジネスを始めるためには


東京に出ると、どうしても予定を
詰め込みがちになってしまうのですが、
先週末も朝から午後にかけて、
ずっとビジネスモデルのご相談を
受けていました。



わたくしの基本的な考えは、

「ビジネスは誰にでも出来る」

と思っていますが、
具体的に収益化出来るところまで
ひとりでプランを作れる人は
ごく一部のように見受けられます。




それはどちらかと言えば、
能力というよりは、

「自分を客観視出来ない」

という人間の特性の問題のためです。


なので、

「ビジネスはやりたいが、
 何をやっていいのか、何が出来るかが
 さっぱり分からない」

という人がほとんどだったり、

「なぜこの人が、持っている能力と
 まったく無関係なことをしたがるのか?」

と疑問に思うことが、たびたび起こります。



このメルマガでも再三お伝えしている
ことですが、わたくしは

「ビジネスとはソリューションである」

というのを基本的な定義と考えています。


つまり、無数に存在する、誰かの問題を
あなたの持つ能力や手段で解決することが
出来れば、結果的にお金を払ってくれる
人がいる、ということです。


つまり、

「あなたは誰のどんな問題を解決できるか」

という質問に、スラスラと答えることが
出来るとしたら、既にビジネスをスタート
する、必要最低限の要素が明確になっている
ということになります。



あとはそれを必要としている人は、
どこにいるのか?

それを必要としている人に、
どのようにして伝えるのか?

また、他の誰かではなく、なぜあなたを
選ばなければいけないのか?

そして、繰り返し買ってもらうための
しくみをどう作るのか?

などの課題をクリア出来れば良い訳です。



ところがそれらすべてを
適切にクリアするには、客観性が必要なので
ひとりで頭を痛めても、なかなか適切な
答えを得ることが難しい。

なので、わたくしたちのような
相談相手の存在価値がある、というわけです。


基本的には、時間と根気と責任感さえ
持ち合わせている人ならば、
自分のビジネスを持つことは可能だと
思っていますので、いざという時は
ぜひお声掛けいただければ幸いです。


この記事を書いている人 - WRITER -
小規模ビジネス専門の相談屋さんです。ジャンルを問わず、起業希望の個人や中小企業経営者のご相談に乗らせていただいています。 中小企業庁登録専門家、新潟商工会議所登録専門家です。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 選ばれる人になるために , 2019 All Rights Reserved.