ワークスタイル研究所公式ブログ

選ばれる人になるために

問題解決がラクになるコツ【生涯資産を生みだす方程式】No.1054

 
この記事を書いている人 - WRITER -
小規模ビジネス専門の相談屋さんです。ジャンルを問わず、起業希望の個人や中小企業経営者のご相談に乗らせていただいています。 中小企業庁登録専門家、新潟商工会議所登録専門家です。

問題解決がラクになるコツ


「コンサルティング」

って、どんな仕事なのですか、と
たまに聞かれることがあります。


辞書をひくと、

「相談する」

と書かれていますので、
日本語にすると、

「相談業」

というのが妥当な訳かもしれません。


思えば、人は生きている限り、
何かしらの問題を抱え続ける、と
言っても過言ではないわけで。

そしてその問題の多くは、
ひとりで解決するには、あまりに
困難なように思えます。


実際、問題に直面した時に

「助けて下さい!」

と言うのが苦手な人も多いのも
真面目な日本人の特性のひとつ
ではあります。


わたくしもそうだったのですが、

「助けて下さい!」
「力を貸して下さい!」

とかは、意識して練習しておかないと
なかなか必要な時に言えません。


なので、ぜひ練習して下さいね(^_-)-☆


さて、もうひとつ

「問題解決がラクになるコツ」

ですが、それは

「視点を高くして自分を見る」

ことです。


問題が起こると大抵の場合、
緊張が高まり、人は視界が狭なる
傾向があります。

すると、まるで人生すべてが
問題のように錯覚することさえも
起こります。

いわゆるパニック状態になると
人は判断能力が低下して、
間違いを犯す可能性が高まります。


その状態を抜け出すには、

「意識して視点を高くする」

ことが一番の解決のコツです。



もしあなたが人間でなく、
「鳥」だと考えてみて下さい。

その場から、風に乗って
高く舞い上がり、
眼下に広がる世界を観ると、

さっきまで、すべてが問題で、
解決することが出来ないように
怯えている自分が見えます。


しかしその周りには、
家族や、いつも仲良くしている
友人知人が見えます。

そういえば、
あの友人は以前に同じような
問題を克服したかも?

あの先輩なら、
仕事上、この問題について
詳しいかもしれない。


ということが、視えたりします。

つまり、パニック状態が
作り出している、狭まった視界を
抜け出すこと。

そして、必要な時に適切な人に

「助けて下さい!」
「力を貸して下さい!」

とお願いすることが出来れば、
大抵の問題は解決します。



一番、難しい問題のように感じる
「お金」のことでさえも、

わたくしの身近には、
数千万円の負債から再起した仲間が
複数居るので、経験から得た智恵を
シェアしてもらうことが出来ます。



もし今、あなたが
何か深刻な問題に出くわしているなら
ひとりで悩まずに、

視点を高くして、適切な人を見つけて

「助けて下さい!」

と告げて下さい。


世の中、捨てたもんじゃありません。
必ず力を貸してくれる人はいます。


むしろ人を助けたい、と
思っている人は、想像以上にいる
ものですよ^^


ぜひお試し下さいね。


この記事を書いている人 - WRITER -
小規模ビジネス専門の相談屋さんです。ジャンルを問わず、起業希望の個人や中小企業経営者のご相談に乗らせていただいています。 中小企業庁登録専門家、新潟商工会議所登録専門家です。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 選ばれる人になるために , 2019 All Rights Reserved.