ワークスタイル研究所公式ブログ

選ばれる人になるために

人生の幸不幸を決める要素とは?2【生涯資産を生みだす方程式】No.1078

 
この記事を書いている人 - WRITER -
小規模ビジネス専門の相談屋さんです。ジャンルを問わず、起業希望の個人や中小企業経営者のご相談に乗らせていただいています。 中小企業庁登録専門家、新潟商工会議所登録専門家です。

人生の幸不幸を決める要素とは?2


昨日は久しぶりに
イタコが記事を書いてくれて、

自分でも読み返さないと、
続きに何を書いて良いのやら
分からない事態になってました(^_^;)


そんな無責任な、と
思われるかもしれませんが、

稀にこんなことが起こるので
初めての方はご容赦下さい。


さて、昨日の記事では、

「運命」

「宿命」

の違いについてや、

偉そうに、分かった風に

「人生における究極の幸福」

などということに言及しておりました。


読み返してみると、
若干、冷や汗モノだったりもする
のですが、ただ、

「心の平安」

「人生における究極の幸福」

というのは、
あながち、間違いではないと思います。


物質的なものを追っても、
むしろ負担や心配が大きくなる。

やはり何事にも「適性」がある。

というところでしょうか。


そして、変えられない

「宿命」

はさておくとして、
自分次第で変えることが出来る

「運命」

をどう操るのか。

操る?
そんなこと出来るんでしょうか?


厳密に言うと、

「操る」

のではなく、

「運命という波に乗る」

という感じ。


ほとんどの人、特に若い時は、
夢や目標、期限などを

すべて自分でコントロールしたい
と考えます。

そしてそれが可能なことだと
信じているわけです。


もちろん不可能ではないかも
知れません。

しかしそうするには、
時として、逆流の流れに向かって
力任せにオールを漕がなければ
ならないでしょう。

それでも流れの方に力があり、
結局は巻き込まれ、流されてしまう。


でもね、でもですよ。
それでもちゃんと然るべきところに
流れ着くわけです。

むしろ、最初から流れに逆らわず、
オールを手放して、行くべきところへ
行けばよいだけかも知れない。


何年か前から、
そういうことが少し分かるように
なってきた気がします。

自分が運命に求めるのでなく、
運命が自分に求めるものを知る。

何となくでも、
それが分かれば、もうオールを漕ぐ
必要はなくなります。

ボートというより、
ここからはサーフィンです。

運命という波を、
いかに無理せずに上手く乗るか。

そして波は、
然るべき時に然るべきところへ、
連れて行ってくれる。

そこが元々、自分の行き場。
そう思えたら、それ以上の幸福は
ないわけです。


そこまで深く、
運命を信頼できるか、どうか。

実はそこが最大のカギなのですが。


それはまた、
次の機会にお伝え出来たら、と
思っています。

明日からは、
またビジネスの現場で必要な
実践的な情報をお届けしますね。


この記事を書いている人 - WRITER -
小規模ビジネス専門の相談屋さんです。ジャンルを問わず、起業希望の個人や中小企業経営者のご相談に乗らせていただいています。 中小企業庁登録専門家、新潟商工会議所登録専門家です。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 選ばれる人になるために , 2019 All Rights Reserved.