ワークスタイル研究所公式ブログ

選ばれる人になるために

人生を決めている要素とは?【生涯資産を生みだす方程式】No.1103

 
この記事を書いている人 - WRITER -
小規模ビジネス専門の相談屋さんです。ジャンルを問わず、起業希望の個人や中小企業経営者のご相談に乗らせていただいています。 中小企業庁登録専門家、新潟商工会議所登録専門家です。

人生を決めている要素とは?


昨日、一般の人には
殆ど知られていない助成金について
お知らせしました。

すると、読者の方から
以下のような感想をいただきました
のでご紹介します。

助成金の話、
ぜひ活用していただきたいと
私も思います。

今はある国の機関で勤務していますが、
国が提案するものは、
本当に理解しにくいものが多いです。

現場にいる、職員でさえも
理解していないものがたくさんあります。

震災後、たくさんの事業主の方達が
助成金の手続きにいらっしゃいましたが、
本当にもらうべき人に
お金が回っていないということは、
少なくとも現場の職員は感じていました。
せっかくの財源が、
本当に必要な人の元に届くことを祈ります。


引用するにあたり、
個人情報を一部修正させていただき
ましたが、要するに助成金は本当に
必要なところに回っていない、と
支従する側でも感じている、という
ことなんですね。

なので、昨日ご紹介した
Sさんの代行業が引っ張りだすに
なっている、というわけですね。

このことひとつとっても
世の中、本当に「情報」によって
人生が大きく変わる可能性がある、
とつくづく思います。


じゃあ、どうしたら
有益な情報が入ってくるような
道が開けるのか、ということですね。

もし今、あなたが

「自分にはそんな情報は入らない」

と思っているとしたら、それは

「考え方のクセ=意思決定のクセ」

を意識してみるといいかも
知れません。


なぜなら昔から、

「無くて七癖あって四十八癖」

という言葉があるように、
誰にでも、考え方や意思決定には
パターンが有るのです。

もっと言うならば、

「無意識的な反応」

といってもいいかも知れません。
それを意識して変えるのです。


昨日の講師の中にも

「僕は本当は今でも人見知りです」

という方がいました。

その方は、スポーツや医療の関係で
3社の法人を経営しながら、
多い時で、一ヶ月に3~40の講演を
されている、と仰っていました。

なぜ「人見知り」の人が
そんな行動が出来るのか、というと

「人の健康に寄与したい」

という志があり、同時に、

「時間や行動を自分の意志で決めたい」

という個人的な人生に対する
コンセプトが明確になっているので、
それに必要な行動を選んでいるから、
だと教えて下さいました。


自分を含めて、多くの人は、

「人生を気分で決めているなあ」

と思うことがよくあります。

直観的に気乗りがするかどうか、
というのも大事なことなのですが、

「思考パターン、行動パターン」

が、そこに忍び込んでいます。

すると行動範囲がマンネリ化し、
出会う人のバリエーションも
限られていく。

そういうマンネリ化を
打ち破ることが出来るとしたら、
それは

「自分自身」

しかいないと思います。


もし「思考パターン、行動パターン」
を変えることが出来れば、

「出会い」

が変わり、

「人のつながり」

がアップグレードされます。


世の中の良い話やチャンスは、
すべて人が運んでくる、という話を
最近も書いた覚えがあります。

それは真実です。


もし人生を振り返った時に、
マンネリ、行き詰まりを感じるなら

「思考パターン、行動パターン」

を変えることを意識して下さい。


昨日までなら断っていた誘いに

「YES」

と返事をして、腰を上げたら、
そこから人生が好転するかもしれません。

今日がその最初の一日になりますように。


この記事を書いている人 - WRITER -
小規模ビジネス専門の相談屋さんです。ジャンルを問わず、起業希望の個人や中小企業経営者のご相談に乗らせていただいています。 中小企業庁登録専門家、新潟商工会議所登録専門家です。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 選ばれる人になるために , 2019 All Rights Reserved.