ワークスタイル研究所公式ブログ

選ばれる人になるために

ビジネスを始めるもう一つの理由【生涯資産を生みだす方程式】No.1111

 
この記事を書いている人 - WRITER -
小規模ビジネス専門の相談屋さんです。ジャンルを問わず、起業希望の個人や中小企業経営者のご相談に乗らせていただいています。 中小企業庁登録専門家、新潟商工会議所登録専門家です。

ビジネスを始めるもう一つの理由


さて、昨日は

「誰のために、何のために」

つまり、

「ポラリス(北極星)」

を見つける。

自分が生まれてきた理由を
発見することがビジネスの動機になる
という話をしました。


しかしそれは動機の半分だった…

ということで、
今日は残りの半分について書きます。


今の仕事を始めてから
特にビジネスに関して、たくさんの方の
お話しを聴くわけですが、
ある時、ふと気づくことがありました。

カウンセラーをしている人は
過去に自分自身が鬱になったり、
DVで苦しんだりしている人が
圧倒的に多いのです。

そういえば、わたくしも
コーチングの勉強をする動機のひとつが
一方的に話しすぎて、人を傷つける
ことがあったから…。

そう考え始めた時、
ひとつの思いに至りました。


どうやら人は

「過去の自分を癒やすため」

にビジネスをするのではないか、と
いうことです。

「過去の自分を癒やす」ことは
過去において何かしらの痛みを持って
いるということです。


他にも例を挙げるなら、
わたくしが公私に渡り尊敬している

「お金の専門家」

が何人かいますが、

「大きな借金で苦しんだ」

という共通点を持っています。


経営コンサルタントをしている人は
自分自身か、親が事業に失敗している
ケースが多いのです。

過去に自分自身が
大きな痛みを経験しているから、
それを他の人に味わって欲しくない。

もしそういう状況にあるなら、
なんとしても力になりたいという思いが
そのビジネスをスタートする動機に
なっているようなのです。


ということは、
逆説的に考えると、読者の中で
これから何かビジネスを始めたいが、
何をしていいのかわからない、と
いう人には、大きなヒントになる
可能性がありますね。

「過去の自分の痛みを癒やす」

実はそれが、ビジネスを始める
立派な動機のひとつになるのです。


この記事を書いている人 - WRITER -
小規模ビジネス専門の相談屋さんです。ジャンルを問わず、起業希望の個人や中小企業経営者のご相談に乗らせていただいています。 中小企業庁登録専門家、新潟商工会議所登録専門家です。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 選ばれる人になるために , 2019 All Rights Reserved.