ワークスタイル研究所公式ブログ

選ばれる人になるために

今、そこにある「情報格差」とは【生涯資産を生みだす方程式】No.1166

 
この記事を書いている人 - WRITER -
小規模ビジネス専門の相談屋さんです。ジャンルを問わず、起業希望の個人や中小企業経営者のご相談に乗らせていただいています。 中小企業庁登録専門家、新潟商工会議所登録専門家です。

今、そこにある「情報格差」とは


以前、よく読んでいた月刊誌に
小学館の「DIME」がありました。

改めて調べてみると、

”ビジネスパーソンのためのトレンド
情報誌。オーディオビジュアル、
家電ほか、デジタルギアの最新情報は
もちろん、通信、クルマ、旅、グルメ、
ファッション、エンタメなど、幅広い
ジャンルの旬ネタ、お得情報を網羅。
ビジネスパーソンの知的好奇心を刺激
する最新トレンド誌”

というコンセプトの雑誌で、
2011年度の平均発行部数は139762部
となっていますので、この出版不況の
時代では、頑張っている雑誌のひとつ
だと思われます。

さて、この「DIME」の最新号が

「スマホで稼ぐ
 手のひら内でお小遣い稼ぎ」

という特集を組んでいたので、久々に
思わず購入してみました。


1万円、14万円、29万円、30万円
50万円、100万円という、期待出来る
月収の額に応じて、さまざまな手法が
紹介されています。

この雑誌の定価は¥600ですが、
情報商材にしたら、数万円分の情報が
網羅されている気がします。


いわゆる「稼ぐ系」の情報は、
このような一般的な媒体にもどんどん
取り上げられるようになっています。

しかし先に書いたように、
発行部数は約13万部で、読者層は
30代のビジネスマンで、ほとんどが
男性。そして学生が少ないのが特徴
なのだそうです。

ということは、このように市販の
雑誌で取り上げられている収入源を
増やす方法も、まだまだ一般的では
ない、という訳です。

またもちろん、読者全員がこの記事を
実践するわけでもないので、稼ぐ人は
13万人の読者のほんの数%。おそらく
1%前後ではないかと思われます。

たった¥600のお金と
時間と労力を自己投資することで、
収入源を増やせる可能性がある時代。

しかし、そもそもこういう情報を
知らなければ、チャンスはありません。

これが「情報格差」ですよね。

そして自ら取りに行く人しか、
チャンスが訪れないのは、いつの
時代も同じです。

自分の身を、いかにチャンスのある
環境に置くかを考えていますか?

そのちょっとした意識の持ち方、
創意工夫が人生を変える可能性が
あります。

何でもやってみなければ分からない。
最終的には、行動しか現実を変える
ことは出来ないのですから。

今日もチャレンジのある一日に!

==== 今日の質問 ======
 チャンスのある場所はどこですか?
=================


この記事を書いている人 - WRITER -
小規模ビジネス専門の相談屋さんです。ジャンルを問わず、起業希望の個人や中小企業経営者のご相談に乗らせていただいています。 中小企業庁登録専門家、新潟商工会議所登録専門家です。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 選ばれる人になるために , 2019 All Rights Reserved.