ワークスタイル研究所公式ブログ

選ばれる人になるために

実力以上の成果を出す方法とは?【生涯資産を生みだす方程式】No.1236

 
この記事を書いている人 - WRITER -
小規模ビジネス専門の相談屋さんです。ジャンルを問わず、起業希望の個人や中小企業経営者のご相談に乗らせていただいています。 中小企業庁登録専門家、新潟商工会議所登録専門家です。

実力以上の成果を出す方法とは?


おはようございます^^

急に秋が深まって、一足飛びに
冬の気候が訪れ、体調を崩している
人も多いようですね。

こういう時期は、着るものなども
脱ぎ着が楽なものにして、室温に
合せて調整できるようにする。

意識して温かいものを飲んで、
身体を温めて、免疫が下がらない
ようにするとかの工夫が必要です。

最近の説では、

「脳は第二の腸」

といわれるくらい、腸が重要。

なぜならホルモンを司るのが
脳ではなく、腸の仕事だと分かって
きたからです。

だからお腹を冷やさないのは
免疫力を維持するために、非常に
重要だそうで。

アルコールのお好きな方は、
これからの季節、特にご用心ですね。


季節に四季があるように

空に風があり、海に波があるように

この世に存在するすべてには、

固有の

「波(ヴァイブレーション)」

が存在しています。


そして流行などでも分かるように、
時代にも波(サイクル)があります。

ということは人の人生にも
当然、波があるわけです。

それを昔から

「バイオリズム」

つまり「生体のリズム」として
理解しようとしていたのですね。


しかし21世紀の現代になっても
この波を把握して、活用するすべは
まだ確定していません。

だからどんなに元気が必要な時でも
本来、ダメな時はダメなのも人間。

だからこそ、人間が自然の一部で
ある証拠でもありますが。

この波の状態を自分で把握して
なんとか良い状態の自分の時に
ことを動かすようにする。

調子が落ちている時は、
なるべく休養に充てて大人しくする。

自然と一体に生きている人なら、
さほどの努力はいらないかと思います。


しかし自然から離れ、
都市で暮らしているわたくしたちは
本能が薄れています。

だから自分の波を感じる力も弱い。

調子の下がっている時に、
無理して頑張っても思ったように
ならないことが多い。

だから養生してやり過ごすことも
大切なのですね。


その代わり、調子が上がっている時
ならば、ヨットが帆に風を受ける
ように実力以上の結果も期待できる。

だから今、自分の波はどうなのか。

そこに関心を持つことから始めるのが
大切だと思います。

==== 今日の質問 ======
自分の調子を測る目安は何ですか?
=================


この記事を書いている人 - WRITER -
小規模ビジネス専門の相談屋さんです。ジャンルを問わず、起業希望の個人や中小企業経営者のご相談に乗らせていただいています。 中小企業庁登録専門家、新潟商工会議所登録専門家です。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 選ばれる人になるために , 2019 All Rights Reserved.