ワークスタイル研究所公式ブログ

選ばれる人になるために

出版の「公然の秘密」と収入源【生涯資産を生みだす方程式】No.1176

 
この記事を書いている人 - WRITER -
小規模ビジネス専門の相談屋さんです。ジャンルを問わず、起業希望の個人や中小企業経営者のご相談に乗らせていただいています。 中小企業庁登録専門家、新潟商工会議所登録専門家です。

出版の「公然の秘密」と収入源


昨日の記事を読んで下さった
ある読者さんから、

「文章を書くことも収入源になる
 って知って嬉しかったです!」

とメールをいただきました^^

有り難うございます。
反応をいただくと、記事を書く
エネルギーになります^^

ホメられると伸びるタイプなので
今後も宜しくお願いしますm(_ _)m


ところで

「文章を書くことが収入源になる」

どころじゃないんですよね。

今、特に良いライターさんは
供給不足で大変らしいです。

つい先日も、クライアントさんが
ネット上で展開しているクルマの
専門サイトのライターとして採用
されました。

彼は特にクルマ関係の仕事を
している訳ではありません。

しかし「好き」の度合いは
素人レベルを超えていると思います。

どんな分野にも
そういう人は存在しますよね。

そういう人が、
その分野で発信をし続けていると、
今の時代、何かの拍子でプロの目に
止まることがあります。

すると、

「記事を書いてみませんか?」

という話になったりするわけです。

考えてみれば、
SNSにしろ、ホームページにしろ、
オンラインショッピングモールの
販売ページにしろ、すべて文章で
埋め尽くされているわけです。


昨年、クラシック音楽の分野で
「ゴーストライター」が発覚!と
いうのが事件扱いになりました。

これ、出版の世界では、

「今更、何言ってんの?」

という話になります。

古い話ですが、バブル真っ盛りの
時期に、アイドルど真ん中だった
松本伊代さんが出版した時に、

「伊代ちゃん、どんな内容なの?」

と司会者に聞かれて、

「まだ読んでないから分からないw」

と答えて、後でマネージャーさんに
キレられた、という比較的有名な
話があります。

出版社も商売ですから、
年間に何冊新刊を出すという計画が
あります。

しかし本を書いたことのない人、
例えばスポーツ選手や芸能人とか、
むちゃくちゃ忙しいビジネスマンが
締め切りを守れると思いますか?

正解はもちろん「無理」です。

そこで「ライターさん」という
存在が必要になってくるのです。

もちろん100%別人が書いている
という訳ではなく、ほとんどの場合、
編集者とライターさんで、ご本人を
取材して、録音を録り、その内容を
文章に起こして、本にするという
手順になります。

例えばセミナー講師ならば、
2時間くらいのセミナーをやれば、
その内容で本が一冊出来ます。

ライターさんと編集者さん。
プロは素晴らしいお仕事をされます。

逆に言えば、そういう人材が
常に求められているのが出版の世界
でもあります。

ということは、もしあなたが
世に出したいコンテンツが何かあれば
文章が書けなくとも出版は可能。

また、文章が書ければ、
独自コンテンツがなくても、
ライターとして収入を得ることは可能。

あまり文章を書くことが
収入源になる、ということは一般に
身近と感じられないかもしれません。

しかし文章に限らず、
さまざまな分野の人たちがこのような
サイトに登録して収入源を得ています。

ランサーズ
http://www.lancers.jp/

労働収入ではありますが、
自分の才能、適性を即金化するには
力試しとして考えれば面白いのかも
知れません。

とにかく今は、打ち出し方によって
どんなことでも仕事になり、収入源に
なり得ます。

ぜひこういう情報収集をされて
視野を広げるアクションも起こすと
自分の可能性が確実に広がります。

お試し下さい!

==== 今日の質問 ======
 収入源にしてみたいことは何?
=================


この記事を書いている人 - WRITER -
小規模ビジネス専門の相談屋さんです。ジャンルを問わず、起業希望の個人や中小企業経営者のご相談に乗らせていただいています。 中小企業庁登録専門家、新潟商工会議所登録専門家です。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 選ばれる人になるために , 2019 All Rights Reserved.