ワークスタイル研究所公式ブログ

選ばれる人になるために

◯◯を上げると可能性が見える?【生涯資産を生みだす方程式】No.1189

 
この記事を書いている人 - WRITER -
小規模ビジネス専門の相談屋さんです。ジャンルを問わず、起業希望の個人や中小企業経営者のご相談に乗らせていただいています。 中小企業庁登録専門家、新潟商工会議所登録専門家です。

◯◯を上げると可能性が見える?



おはようございます^^

今日も目覚めました。
ありがとうございます。

初めて大師匠に出会った時、

「何の権利で目が覚めるんだ?」

と問われて、答えに窮しました。

そして、朝、目覚めるのは
権利ではなく、奇跡だと知りました。

実際、先日もお世話になった方の
息子さんが30代の若さで、
睡眠中にくも膜下出血を起こして
帰らぬ人になりました。

意外とそういうケースは
少なくないのだそうです。

人生には、

「明日、目覚めなければいいのに」

という夜もあります。

しかし然るべき日が来るまで
朝はやって来ます。

奇跡に感謝して、
一日を有意義に過ごしましょう。


いろんな人のご相談に乗らせて
いただいていると、よくあるのが

「煮詰まっている」

というケースです。

別の言い方をすると、

「可能性が見えくなっている」

わけですね。


しかしほとんどの場合は
「不可能」という訳ではなく、
ただ単に

「視野が狭まっている」

ことで、可能性が見えなくなっている
ことが多いです。


こういうケースに陥りやすいのは、

・締め切りが迫っている場合

・本人の専門性が高い場合

・リソースが不足している場合

などに起きやすいようです。

対処法としては、
まず、よーくお話を聞いて、
その人が置かれている現状と悩みを
明確にします。

そして、「視点を上げる」のです。
いわゆる「俯瞰する」というやつです。

仮に同じ建物でも、
2階の窓から地表を観るのと
20階の屋上から地表を観るのでは
見える景色が違うことは、誰にでも
想像が出来ると思います。

「可能性が見えくなっている」という
のは、その「2階」から観ている状態
だと思います。

それを20階に上げると、
一気に視界が広がりますね^^

その広がった視界の分、
可能性が見えてくる、というわけです。


例えば新潟県は、
海岸線の端から端まで300kmもある、
とても長い県です。

これを低い視点で見たら
全体的な魅力を理解することは出来ない
と思います。

しかし視点を宇宙に挙げれば、
新潟県という、ひとつの地域が明確に
見えるようになります。

その視点の高さだから
気付ける事があるに違いありません。

そういう気づきを促すのが
わたくしの役割のひとつなんだな〜、と
思う場面によく出会う今日このごろです。

今日も新たな視点を提供しに
行ってきたいと思います^^

==== 今日の質問 ======
 視点を上げたら、何が見えそう?
=================


この記事を書いている人 - WRITER -
小規模ビジネス専門の相談屋さんです。ジャンルを問わず、起業希望の個人や中小企業経営者のご相談に乗らせていただいています。 中小企業庁登録専門家、新潟商工会議所登録専門家です。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 選ばれる人になるために , 2019 All Rights Reserved.