ワークスタイル研究所公式ブログ

選ばれる人になるために

人間が求める普遍の3要素とは?【生涯資産を生みだす方程式】No.1195

 
この記事を書いている人 - WRITER -
小規模ビジネス専門の相談屋さんです。ジャンルを問わず、起業希望の個人や中小企業経営者のご相談に乗らせていただいています。 中小企業庁登録専門家、新潟商工会議所登録専門家です。

人間が求める普遍の3要素とは?


おはようございます^^

2,3日前に神田昌典さんの
記事を書きましたが、その中で

「英雄が一瞬にして戦犯になる時代」

ということを神田さんが言っている
と書きました。

そして昨日、ニュースを見ると、
世界最大の自動車メーカーである
VW(フォルクスワーゲン)の不正
についての記事が目に飛び込んで
来ました。

日本にはVWのディーゼル車は
ほぼ入ってきていないので影響は
ないと思われますが、ヨーロッパは
乗用車の50%がディーゼル車という
お国柄。

ましてVWはアメリカで、
今年だけでも90億円以上の広告費を
掛けてディーゼル車を売り込んで
いたのです。

まさかあのVWが…と思った次の
瞬間、神田さんの言葉が蘇りました。

まだこの言葉を思い出す機会が続く
予感がしています。


今、まさに変動期の渦中。
そしてわたくしたちはその中で
日々、生きています。

昨晩、日帰り出張から戻ると、
数人のビジネス・パートナーたちが
集まっていました。

我が家では、水曜の夜は一番濃い
勉強会が行われているのです。

昨晩も意義ある話題がいくつも
話し合われましたが、その中でも

「変えなければいけないもの、
 変えてはいけないもの」

について話し合ったことについて
触れてみたいと思います。


そもそもビジネスとは、
自分の世界観に他の人を巻き込んで
いくことです。

つまり

「ビジネス=自己表現」

といっても、過言ではない訳です。

なので、当然ながら

・自分が何を大切にしたいのか?
・自分が何を実現したいのか?
・誰と一緒にそれをやりたいのか?

などの要素が非常に重要です。

しかし時代は移り変わります。
その時代の価値観に合ったアプローチ
で伝えていかないと、伝わらない。

時として、過去の成功体験が
足かせになる、というのはそういう
意味です。

つまり、

「変えなければいけないこと」

というのは、時代によって変化する
価値観や表現方法などを指します。

いくら音楽は時代を超える、とはいえ
30年前のヒットチャートを流しても、
今の若者にはほとんど響きません。

また、その逆もしかりで、
30年前の若者に、今のヒットチャート
を聴かせても、あまり響かないのです。


しかし、いつの時代の人間にも

「変えてはいけない」

人生を構成する

「3つの要素」

が存在しています。

それは、

「健康」「人間関係」「経済力」

です。

本来、この順番が優先順位ですが、
現実的には「経済力」が立たないと
他の2つには気が回りません(^_^;)

それに気づいた人から、
「経済力」へのチャレンジが始まり、
だいたい年収が8桁超えてくると、
「健康」の優先順位が上がります。

しかし「経済力」と「健康」が
仮に手に入ったとしても、人間が
人間である以上、「人間関係」の
課題はなくなりません。

つまりこの3つの要素のどれかに
課題を抱えていない人は未来永劫
現れないだろう、ということです。

ですから自分のビジネスに他者を
巻き込んでいく場合は、

「健康」「人間関係」「経済力」

のどこかを切り口として入ると
必ず響く人がいる、ということに
なります。

これは時代には関係ありません。

あなたがビジネスで自分を表現し、
他者をその世界観に巻き込んでいく
としたら、どの切り口をどんな風に
伝えていきますか?

それは非常に重要です。
ぜひ考えてみて下さい。

==== 今日の質問 ======
 今、変えなければいけないことは?
=================

この記事を書いている人 - WRITER -
小規模ビジネス専門の相談屋さんです。ジャンルを問わず、起業希望の個人や中小企業経営者のご相談に乗らせていただいています。 中小企業庁登録専門家、新潟商工会議所登録専門家です。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 選ばれる人になるために , 2019 All Rights Reserved.